(使えなくて?)在庫処分中のElecomタッチパッドM-TP01DSがUEFI BIOS操作用にすごく便利


ElecomのタッチパッドM-TP01DS(白) M-TP01DS(黒)を1300円程度で買って、操作性が悪かった為、ハズレかと思いましたが、PCの仮組み時とサーバ用途でキーボードしかないUEFI BIOSを使う時限定でやけに使えるヤツに見えてきました。

褒めるべき特徴は下記の通りで、正にキーボードしか付いていないPCのUEFI BIOS操作用マウス君です。

  • 写真中の小さなbluetoothの様なUSB接続のレシーバをMBに挿すだけでマウスとして利用可能。BIOS操作もOK。
  • マウスパッド不要なので、空中で操作可能。
  • USBコネクタは磁石式で本体にピタッとつけて保存可能なので無くしにくい。

M-TP01DSの全体写真。中央のUSBコネクタが無線式のレシーバ。

M-TP01D_10

M-TP01DSの裏側。レシーバが磁石式で格納できる。

M-TP01D_11

単三電池なので、eneloopが使える。

M-TP01D_12

MBに挿して、UEFI BIOSを操作している所。

M-TP01D_13

UEFIになってしまったPCのBIOS設定用に1台持っていると予想外に楽です。ただし、メインPCのマウス代わりにするには厳しく、ほぼ使えないので、普段はリビングでTVに映像出力しているマルチメディアPC等のマウスに使うぐらいしか用途が思い浮かびません。windows7での利用でダメな所を列記すると

  • windowsのドライバが悪いのか、操作性が悪い。特に上下にスクロールする際にタッチパッドからスッと指を離す際の動作が苦手らしく、LogicoolのTouchpad T650MacBookと比べると30点。値段を考慮すると80点。
  • Windows7だからか、古いノートPCのタッチパッドと同じような操作感。
  • 一定時間操作が無いと、スリープ状態になる。背面のボタンか、下の方を強くクリックすると復帰する。その場しのぎでUEFI BIOS操作の為にマウスパッドを左手で持って右手で操作する場合には問題ないが、普段用途にはイライラ感がある。
  • エクスプローラの詳細画面で列幅を調整するような細かい操作には不向き。

LogicoolのTouchpad T650を購入する際に、安かったのでついでに買ってみましたが、予備のマウスパッド付き無線マウスとしては優秀だと思います。自作PCが趣味なら一台持っていると仮組み時のBIOS設定にも便利です。ちなみにLogicoolのTouchpad T650はWindows7で普段使いに使えています。

タグ付けされた , . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。