FreeNAS 9.2.0によるファイルサーバ構築(ProLiant MicroServer利用)


FreeNAS9.2がリリースされたので、HDDが5台搭載可能なHP ProLiant MicroServer N54Lを利用してファイルサーバを構築します。他のハードウェアでも手順は同じです。

今回は、2014年2月にSeagateとWesternDigitalから発売されるであろう5TBのHDDを搭載する前準備として、売り切れないうちに確保したHP ProLiant MicroServer N54Lを使ってFreeNASの環境を構築しておく。N54Lは4TBのHDDの動作報告が上がっているので、2TBの壁に引っかかる事は無いと判断し、見切り発車です。

なお、ファイルサーバの容量が一杯になったら、同型のサーバとHDD5,6台を追加してもう一台ファイルサーバを組みます。

昔はSupermicroの3.5inchベイが12個入るようなケースとArecaや3wareのRAIDカードでファイルサーバを構築していましたが、音もうるさいし、30万以上かかるし、ファイルサーバの移行は大変だしで、おなか一杯なので、今後はこのパターンで行こうかと。あまり使わなくなったファイルサーバは電源を落しておいて使うときにWakeOnLANで起動させれば電力も気になりません。

事前準備するハードウェア

事前準備するハードウェアは下記の通り。

  1. HP ProLiant MicroServer N54L
  2. USBメモリ(4G以上であれば問題ないはずです) 500~600円
  3. DVD-RW(MicroServer等のDVDが無いサーバの場合にはUSB接続の物を事前用意する) 3000円程度
  4. 3.5inch HDD(MicroServer購入時にはデフォルトで250G  or 500Gが付属している。WD 6TB Hitachi 4TB  Seagate 8TB ) 5台で7万以下
  5. 5inch>3.5inch変換金具(HDDを5台載せる場合のみHDDマウンタ) 500~3000円

HP ProLiant MicroServer N54Lの構成

今回ファイルサーバ用に選んだ基盤です。2万円以下で買えるわりに、3.5inch HDDベイ×4、5inch ベイ×1があるので、5inch>3.5inch変換金具をかませれば、3.5inch HDDを5台搭載できます。

freenas9100

HDDベイを抜き出したところ。

freenas9101

USBメモリをさしたところ。4G以上のUSBメモリであれば大丈夫でしょう。当サイトでも4GのUSBメモリを利用しています。

freenas9102

HDDを取り出したところ

freenas9103

HDDの裏側。単純にSATAと電源ケーブルが直付けされているだけ。つまりホットスワップではありません。ただ、FreeNASでの運用はHDDの交換時には電源を落して行うのが普通なので、ホットスワップではない事は全く問題になりません。

HP ProLiant MicroServer N54LのBIOS設定

BIOSの設定をしてUSBメモリからブートするようにしておきます。序に他の設定も最適化しておきます。

freenas9104

ブートデバイスをUSBメモリからに変更します。HDDを交換した後等にはブート順序が変わってしまい、ブートに失敗する事があります。その場合にはここを見直してください。

freenas9105

WakeOnLanを有効にしておきます。FreeNASをただのファイル置き場として利用する場合にはリモートから電源を入れられると便利なので、有効にしておきます。

freenas9107

HDDの書き込みキャッシュを有効にします。デフォルトは無効なので、その場合には速度が遅く感じるはずです。ただし、不意の停電時に書き込み中のデータを失う可能性があります。

(UPSを導入していればあまり問題ないはずですが)

freenas9108

ファイルサーバとして利用する際にVGAメモリは必要ありません。VGAメモリを128Mから32Mにします。

freenas9110

最後に、保存して終了します。

freenas9112

もちろんOKで。

FreeNAS9.2の新規インストール

FreeNASのオフィシャルサイトよりISOをダウンロードし、DVD-Rに焼き付けて、そのメディアから起動します。USB接続のDVD-ROM(もしくはDVD-RW)を事前に購入しておくといいかもしれません。

freenas9200

1のインストールを選択。

freenas9201

インストール先はUSBメモリを選ぶ。

freenas9202

データがあった場合に削除されると警告されている。YESで。

freenas9204

インストールが終わったらDVDを除去してOK。

freenas9205

3の再起動を選択

freenas9206

LAN内でDHCPによるアドレスが配られていれば、アクセス先のIPが出てくるはず。出てこない場合には、1番でネットワークの設定を行う。

ブラウザでアクセスする。この場合は、http://172.20.1.136

初回アクセス時にパスワードを聞かれてくるので、freenasとでもパスワードを設定する。次回ログイン時からはユーザー名admin/パスワードfreenasでログインする。

freenas9207

ログイン直後。英語ロケールなので日本語化する。

freenas9208

settings > generalを選んで、赤枠内の変更を行ってsaveを押す。再度ログインし直すと日本語化されていることが確認できるはず。

freenas9210

ファイルサーバをDHCPで運用するわけにはいかないので、上記画面のように、インターフェースの追加から、固定IPを設定する。

freenas9211

IPアドレスが設定されている事を確認する。

nas09

ネットワークの追加設定をします。ホスト名、ドメイン名(宅内ネットワークの場合には、ドメイン名は無いと思うので、適当でOKです)、デフォルトゲートウェイ、ネームサーバの設定をします。

tv000008

ス トレージからZFSのディスクを追加します。今回は1台のみの追加ですが、赤枠で『1-20.0GB・・・』となっている個所に、候補のドライブがすべて 表示され、その下の『Stripe』となっている個所にRAIDレベルが表示されるので、お好みで設定します。ファイルサーバ用途ですと、raidz(所 謂raid5)がメジャーでしょうか。

nas11

上記で、『Add Volume』を選択すると、プログレスバーが表示されるので、完了するまで待ちます。

nas12

ZFSのボリュームが出来たら、下記のようになるので、下図の赤枠のZFSデータセットの作成ボタンを押します。

nas13

ZFSデータセットの作成画面では、データセット名(識別しやすい名前、例えばfileserverや、dataset_01等)を指定して、圧縮レベル、ZFS Deduplicationは継承のままデータセットを追加します。

nas14

データセットを作成すると、下記のように指定した名前でデータセットが出来るので、このボリュームをsambaでwindowsファイル共有するデータセットにします。

nas15

上記までの設定のままだと、zfs1のボリュームに対して、読み込み属性しかないので、パーミッションの変更で、モードの全部のチェックボックスをONにしておきます。

※ 必要に応じて、全部の設定が終わって、使えることが確認できた後に、ユーザーやグループを変更して、セキュリティ設定を行ってください。ここでは、まず動 作確認をすることを最優先としますので、ゲストユーザーでアクセス可能なように、誰でも読み書きできるようにしています。

nas16

Windowsのファイル共有の設定をします。ここでは、『smb_share』としています。

nas17

名前と、パスの設定は下記のように。

nas18

その他の属性としては、パーミッションの継承と、ゲストアクセスを許可をONに設定します。

nas19

次に、CIFS(SAMBA)のサービスの制御をします。サービスの制御画面のON/OFF設定は見たままですね。スパナマークの設定から、ファイル共有サービス全体の設定を行います。

nas20

CIFSの設定画面では、認証方式にAnonymous、NetBIOS名にfreenas(ただのWindowsのファイル共有サービスのサーバ名です)と設定しています。

nas21

CIFSサービスがONになっていない場合には、ONにします。

nas22

Windowsのアドレスバーに『\FreeNASのIPアドレス』として、アクセスします。

タグ付けされた . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。