Gmailにメールリレーするpostfixメールサーバ


多くのプロバイダでSMTPでのメール送信を許可していない昨今では、Redmineやzabbixをインストールした後に、わざわざGmailからメールを送信するためにアプリケーション毎にSMTP AUTHの設定をする必要があり、面倒なので、メールリレー専用のLAN内メールサーバを構築します。

この手法であれば、gmailの設定で『安全性の低いアプリのアクセス』をセキュリティの低いONの設定にする必要はありませんでした。

sudo apt-get install postfix

sudo vi /etc/postfix/main.cf

/etc/postfix/main.cfの設定

残りの設定をコメントアウトしてしまって、下記だけを書いておけばOKです。不正中継対策等は行っていないので、あくまでもLAN内の信用できるホストからのみメール送信されることが前提です。

relay_host = [smtp.gmail.com]:587
smtp_sasl_auth_enable = yes
smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/relay_password
smtp_sasl_security_options = noanonymous

/etc/postfix/relay_passwordの設定

[smtp.google.com]:587 <あなたのメールアカウント>@gmail.com <Gmailのパスワード>

上記のパスワードファイルのパーミッション変更と、 postmapを実行します。

sudo chmod 600 /etc/postfix/relay_password
sudo postmap hash:/etc/postfix/relay_password

# postfixの再起動
sudo service postfix restart

# ログを確認する。
# メール送信可能であれば、メール送信してみて、エラーが出ないことを確認する。
tail -f  /var/log/mail.log

その他

Googleから取得したpemファイルを設定するようにと、参考情報に記載したサイトでは書かれていましたが、今回はその設定をしなくても問題なくメール送信ができました。

参考情報

タグ付けされた . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。