NAS、監視カメラ用HDDのスペック比較(2014年夏version)


デスクトップ向けのHDDより2~3割高いものの、その分信頼性・MTBF・保証期間が向上し、適切なテストの後に出荷されるNASに最適なHDDをまとめたので、その表を公開します。

保証期間が3年以上あるNASに最適なHDD一覧(消費電力は1TB~4TBの表記で記載)。コンシューマ向けのHDDよりも2~3割程高い。
メーカー Western Digital 日立(HGST/hitachi) Seagate 東芝
シリーズ WD Red WD Purple Deskstar NAS Deskstar Seagate Surveillance HDD Seagate NAS HDD Ma series(TV録画用)
保証期間 3年 3年 3年 3年(リテール) 3年 3年 Ma series
用途 NAS 監視カメラ(24h/365日) NAS Desktop 監視カメラ(24h/365日) NAS AV
1TB WD10EFRX WD10PURX ST1000VX000 DT01ABA100V(BOX)※リンクは非box品
2TB WD20EFRX WD20PURX ST2000VX000 ST2000VN000 DT01ABA200V(BOX)
3TB WD30EFRX WD30PURX 0S03663 ST3000VX002
ST3000VX000
ST3000VN000 DT01ABA300V(BOX)
4TB WD40EFRX WD40PURX 0S03667 0S03361 ST4000VX000 ST4000VN000
5TB WD50EFRX
6TB WD60EFRX
回転数 IntelliPower(5400rpm?) IntelliSeek(5400rpm?) 7200rpm 5900rpm 5700~5940rpm
消費電力(アイドル) 4.5w 2.9~4.5w 6.9w 3~3.95w 5.7~4.2w
消費電力(書き込み時) 3.3~4.5w 3.3~5.1w 5.9~8w 4.3~4.8w 3~5.4w
平均故障間隔(MTBF) 100万時間 100万時間 100万時間 100万時間 100万時間
コメント 数件のPCショップの店員さんに売れているNAS向けHDDを聞いたら、WD Redと答えられました。消費電力面からも確かに魅力的な商品です。redとpurpleの違いは、IntelliPowerかIntelliSeekかと言うあたりのようです。DOS/V powerreportの記事に良い解説ページがありました。 この投稿で構築したファイルサーバでは、WD RedではなくWD Purpleを採用。実使用者の感想としては静かで発熱の少ないドライブなので、組み込みやすくて便利です。 信頼と実績の日立製!それ以外のコメントは不要かと。 3年近く前の製品なのであまり売っていません。 Seagateの5900rpmの製品では今までハズレを引いたことが無い。2台目のNASはこれを選択したいです。 回転数不明ながらやけに低消費電力。 容量によってスペックがまちまち。アイドル時の消費電力は低容量モデルの方が高い。なぜ??MARSHAL株式会社の会社概要に古物商許可番号があるのが非常に気になる。以前、marshalはリフレッシュ品と言う記事があったが、古物商があると、それを信じたくなる。安ければ試しに一台だけ買ってみたいですが、RAIDには組み込みたくはありません。

実は上記の表は『10万円以内で作る18TB raid-z2(ダブルパリティ)高信頼ファイルサーバ』の一番下に記載していたのですが、結構手間暇かけて作ったので別の記事に抜き出してみました。

タグ付けされた . ブックマークする へのパーマリンク.

2 Responses to NAS、監視カメラ用HDDのスペック比較(2014年夏version)

  1. かねやん 曰く:

    とても参考にさせていただいております。
    私も会社でFreeNASを利用していて、この間HDDが故障しました。それほど利用して間もない(1年程度)のに故障。。。
    このような記事がもっと先に読んでいればと悔やんでします。
    ただ、パソコン屋さんに行けば、HDDは売ってるので、高価なサーバよりは安心かもしれません。
    高価なサーバではHDDが故障しても、部品が届くまでに3日はかかり、何のための保守費用なのか疑問に思っていました。RAID5がほとんどのなので、問題はないですが…

    ただすべて自分で行わなくてはいけないというリスクはあります。

    • lasas 曰く:

      ご感想ありがとうございます。

      一般向けのHDDは何台も購入・運用しているとすぐに故障に出くわしますよね。
      MTBFで勝るSASやニアラインのHDDを利用していれば、2,3年は故障に出くわさない事も有りますが、なにしろ値段が・・・(笑)

      家庭やSOHO向けではありますが、RAID構成や装置構成については、下記にも検討結果を載せていますので、宜しければご覧ください。
      大容量NASについての考察_バックアップと外出先からの利用構成大容量NASについての考察_バックアップと外出先からの利用構成

      蛇足

      近隣のパソコン屋さんでのHDDの調達は、そのHDDを運用する期間によっては、
      モデルが変わってしまっている事も有り得るので、『そろそろモデルチェンジかな』と言う時には、
      保守用に手元に1台以上は買い置きしておくと、いざと言う時に『売っていない』リスクを減らせて良いかもしれません。
      # ここ3年ぐらいはモデルチェンジがあまりありませんでしたが、
      # 私は1,2年に一回はモデルチェンジがあると想定しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。