Ubuntu上へのNagios3.xの導入


Ubuntu上へのNagiosのインストール手順です。非常に簡略化しているので、順番にコマンドを叩いていくだけで終わるように書いています。

お決まりのパッケージの更新

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

Nagiosに関係するパッケージと、Apacheの導入。

sudo apt-get install nagios3 nagios-nrpe-plugin
sudo apt-get install apache2

ApacheがCGIを実行できるようにする。

mv /etc/apache2/mods-available/cgi.load \
  /etc/apache2/mods-enabled/

Nagiosの設定ファイルを作成する。一例として$HOSTNAMEには、ログインしているホストの名前を入れているが、必要に応じて他のサーバのホスト名を入れてください。

HOSTNAME=`hostname`
echo $HOSTNAME
sudo cp /etc/nagios3/conf.d/localhost_nagios2.cfg \
  /etc/nagios3/conf.d/$HOSTNAME.cfg
sudo sed -i "s/localhost/$HOSTNAME/g" \
  /etc/nagios3/conf.d/$HOSTNAME.cfg
sudo service nagios3  restart

Nagiosのウェブ管理画面にログイン可能なユーザーの作成と、デフォルトのnagiosadminユーザーのパスワードを作成する。

ついでに、作成したユーザーをnagiosadminと同等の権限にしている。

sudo htpasswd /etc/nagios3/htpasswd.users $USER
sudo htpasswd /etc/nagios3/htpasswd.users nagiosadmin

# 高権限のnagiosadminに上記で作成したユーザーを追加している。
# 不要であれば、実行しないでください。
sudo sed -i "s/nagiosadmin/nagiosadmin,$USER/g" /etc/nagios3/cgi.cfg

/etc/apache2/apache2.confをvimで開いて末尾に下記を追記する。

Alias /nagios3/stylesheets /etc/nagios3/stylesheets
Alias /nagios3 /usr/share/nagios3/htdocs

<DirectoryMatch (/usr/share/nagios3/htdocs|/usr/lib/cgi-bin/nagios3|/etc/nagios3/stylesheets)>
  Options FollowSymLinks
  DirectoryIndex index.php index.html
  AllowOverride AuthConfig
  Order Allow,Deny
  Allow From All
  AuthName "Nagios Access"
  AuthType Basic
  AuthUserFile /etc/nagios3/htpasswd.users
  require valid-user
</DirectoryMatch>

<Directory /usr/share/nagios3/htdocs>
  Options +ExecCGI
</Directory>

Apache、nagios3のサービスを再起動させる。

sudo service nagios3  restart
sudo service apache2  restart

http://nagiosをインストールしたサーバのIP/nagios3

にアクセスすると、Nagiosの管理画面が出てきます。

nagios_web_console

設定方法については環境毎だと思いますので、ここでは特に触れない事とします。

 

 

タグ付けされた , . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。