Ubuntu13.04上のZabbixの設定


詳しくはマニュアルを読むのが一番だと思いますが、自分用にメモを兼ねて記録を残しておきます。説明するよりもスクリーンショットをペタペタ張った方が後で思い出しやすいので、その方式で纏めます。

  1. 日本語ロケールにする
  2. gmailのsmtp authを使ってメールが送れるようにする
  3. 簡単なホスト登録例
  4. 使わない設定を無効化しておく

日本語ロケールにします。

zabbix_11

gmailのsmtp authを使ってメールが送れるようにする

日本語アラートメールの送信方法の通りに作業をします。

zabbix_13

zabbix_12

簡単なホスト登録例

監視対象のホストにZabbix-Agentをインストールして、ホストの追加をします。

zabbix_14

テンプレートの追加をします。

zabbix_15

pfsense用なので、下記のような感じで。

zabbix_16

上記のような感じで、監視対象のホスト分だけ、ホストを追加登録します。

使わない設定を無効化しておく

gmailを使ってメールを送るようにしたので、その他は無効にしておく

zabbix_17

ゲストアカウントは不要なので無効にしておく。

zabbix_18

全部の設定が終わったら、問題がメールで送られてくるようにする(設定中にメールが飛んでくると面倒なので、設定中は無効化)

zabbix_19

タグ付けされた . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。