Ubuntuからマジックパケットを飛ばしてWakeOnLanする


サーバを複数台管理している場合に、WakeOnLANでリモートのPCの電源を入れたい事もあります。WakeOnLANはマジックパケットと言うFF:FF:FF:FF:FF:FFの後に起動させたいPCのMACアドレスを16回続けて指定したパケットを飛ばします。

Ubuntu上でWakeOnLANを簡単に出来るソフトは名前もそのまま『wakeonlan』。

インストールは下記の通り

sudo apt-get install wakeonlan

使い方も簡単で


wakeonlan 10:eb:69:ac:5d:b1

等として、wakeonlanの後に続けて起動させたいサーバのMACアドレスを指定するのみ。

もしも、起動しなかった場合は、起動させたいサーバのBIOSの設定でWakeOnLANが無効になっていると思われるので、BIOSの設定を見直してください。それと、無線LANしか無いPCはWakeOnLAN出来ません。

タグ付けされた . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。