安い・速い・うまい tp-link tapo C100のメリデメと、購入から設定まで


tp-link tapo C100が2780円(普段は3000~3500円近辺)と安かったので2台購入しました。スマートカメラ扱いですが、業務用カメラで利用するONVIFに対応しており、画質もフルHD(1080p)と言う非常にコスパの高い製品です。

新規購入者向けに、購入した後の設定完了までをアプリのスクリーンショット付きで解説しています。

tp-link tapo C100のメリット・デメリット

メリット

大きなメリットは以下3点です。安い・速い・うまいをすべて満たします。

  • 安い(3000円近辺)
  • 速い(設定は15分程度)
  • うまい(高画質・安定稼働)

上記以外のその他メリット

  • ONVIF対応
  • ZoneMinder等の業務用の監視カメラソリューションで利用可能
  • 8GB~128GBのmicroSDを同時購入することで、録画可能(スマホでしか使わない場合でも、24時間録画可能な点は素晴らしい)
  • VPNルータと組み合わせることで、外出先からも自宅の様子をうかがうことが可能
  • 音声録音も可能かつ、スマホアプリ側から話しかける事が可能(子供がいたずらしている時などに注意可能。泥棒の場合には、怒り心頭で話しかけずに、先に警察を呼んでください)

デメリット

デメリットももちろんありますが、全て対処可能です。

  • カメラ側でIPを固定化できない(ルータ側からMACアドレス指定で固定化することは可能)
  • 屋外設置すると壊れやすい(防水加工されていません。物置程度なら平気ですが、ほこりっぽいところですと、数年で壊れるかもしれません)
  • 有線LANが無い(PoEが使えない)
  • 対象設置すると、無線LANルータ側の性能がひっ迫する(無線LANをAPモードにして、複数個設置することで対処可能)
  • 手が届くところに設置すると、microSDカードが盗まれる可能性がある(天井から吊るしたり、手が届かない工夫が必要。創意工夫ですね)

本体解説

tp-link tapo C100のパッケージ内容は以下の通り。

パッケージ内容

電源ケーブルは3M
Micro SDカードは8~128GBをサポート
音声は裏面から。音声がクリアではない場合派には、少し壁から離してください

壁や天井への固定用金具
tapo C100付属品

アプリ設定方法

tp-link公式のTapoアプリを使ったの設定方法は以下の通りです。

AppStoreからTapoをダウンロードしてタップします。
スマートカメラ C100を選択
次へを選択
tapoアプリをホームボタンでいったん閉じて、設定からWi-Fiを選択し、Tapo_Cam_で始まるネットワークを選択して、接続(初期設定のためにパスワード無で接続可能。設定完了後は接続不可になります)
Tapo_Camに接続されていることを確認して、ホームボタンを押して、tapoアプリに戻ります
接続済みですを押下
まっていれば先に進みます
接続可能なWifiを探してくれます。SSIDをステルスにしていない場合には、この後パスワードを入力してください。
我が家の場合、SSIDをステルスにしているため、上記のような画面となりましたので、他のWI-FIを選択しました。
ネットワーク名にSSID、パスワードに無線LANのパスワードを入力して、次へを押下。
接続出来たら、上記画面となりますので、次へを押下。もしも、無線LANのパスワード等を間違えてしまった場合には、本体横のリセットボタンを長押ししてリセットします。その上で、本手順の最初からやり直してください。(間違った無線LAN設定で常に接続しようとするようになるので、リセット必須です)
ネットワーク接続中画面
tapo C100の設定が完了すると、上記画面となります。今まで接続していたTapo_Camの無線LANは勝手にカメラ側で無効化されるため、少し(1分程度)待っていれば普段の無線LANに再接続されます。急ぎの場合には以下手順の通り設定してください。
普段接続している無線LANを選択して接続
デバイスに名前を付ける画面になりますので、適宜名前を付けます。後で名前変更可能ですので、思いつかなければC100とかで良いと思います。
場所の設定では、選択肢から、一番近しいアイコンをタップして次へを押下します。私は窓を選択しています。
完了したらいいねをタップ
次に、自動ローカル録画についての説明画面が出ます。Micro SDカードの導入状況によらず、了解を押下してください
設定完了すると、tapoアプリから対象カメラの映像が見れるようになります。ファームウェアの更新や、基本設定をしたいため、画面右上の歯車マークをタップします。
カメラ画像横のC100本体名をタップします
ファームウェアバージョンをタップします

最新版ファームウェアがリリースされていた場合には上記画面となりますので、アップデートをタップします。アップデート中はカメラ電源を切らないでください。また、落雷による停電が心配な日は実施しないことをお勧めします。
カメラの設定に戻り、自動再起動をONにします。
高度な設定から、ゆがみ補正を必要に応じてONにします。

※ゆがみ補正機能がONにすると、視野が多少狭くなりますが、ゆがみがなくなります。OFFにすると、ゆがみはあるものの視野が広くなります。用途に応じて好きな設定値にしてください。

人の顔認識が重要ならON。広範囲を取りたい場合はOFFを推奨します。

設置場所

私は、屋外での使用感を見てみたかったため、わざと屋外に設置してみました。カメラ裏にネジが2つあり、外すと天吊り可能なマウンタと本体に分かれますので、下図のように設置しました。

※屋外用カメラではないので、屋外、特に雨のかかる場所への設置は推奨しません。

ドライバーで外す際に、少し傷がつきました
マウンタを先にねじ止めして、ここにカメラをカチッとはめます。

最後に

以上で設定は完了です。数台の監視カメラを置くのであれば、各カメラ内のMicro SDカード(Sumsung製が安定します)への録画で事足りると思います。

もし、複数台導入したり、Micro SDカードの盗難の恐れがある場合には、録画サーバを別途構築してもいいかもしれません。

業務用利用の場合はQNAPのNASもONVIFカメラをサポートしているため、QNAPのNASを購入する方法(3台以上はIPカメラ用のライセンスを追加購入する必要あり。詳細はこちら)や、専用のソフトウェアを利用して構築する方法もあります。「ZoneMinderと安価なスマートカメラで作る見守り/監視システム」をご覧ください。

タグ . ブックマークする パーマリンク.

安い・速い・うまい tp-link tapo C100のメリデメと、購入から設定まで への5件のフィードバック

  1. まなみん の発言:

    親切な説明感謝

    ①tp-link tapo C100が2780円どこで購入可能ですか

    ②tapoアブリ対応
    防水カメラでアプリ対応できるカメラ

    調べても判らなかったので
    教えていただけますと助かります。

    • lasas の発言:

      >①tp-link tapo C100が2780円どこで購入可能ですか
      Amazonで定期的にセールを実施しており、tp-link製品がセール対象となる事を最近よく見かけます。私もAmazonのセールで購入しました。

      >②tapoアブリ対応
      >防水カメラでアプリ対応できるカメラ
      tapoアプリに対応しているものはtp-link製のみなので、現状なさそうです。
      防水かつ屋外用のカメラのお勧めはSV3Cというメーカーですが、メーカーが違うためtapoアプリでは使えません。

  2. まなみん の発言:

    本日 アマゾンブラック 
    価格きました
    4台買います

    ありがとう

  3. まなみん の発言:

    lasasさま
    お世話になっています
     
    今日からアマゾンブラック始まり
    教えて頂いた
    SV3C防水 屋外カメラ探しています
    ①防犯カメラ ワイヤレス 屋外 監視カメラ ネットワークカメラ PT 回転可能 wifi 双方向音声 1080P ドーム型 200万画素 暗視撮影 SDカード録画 動体検知 自動フォロー 遠隔操作 見守りカメラ ipカメラ 小型 ホワイト SV3C

    ②SV3C 960P 130万画素 WI-FI 防犯カメラ ネットワークカメラ ワイヤレス IPカメラ 屋外/屋内 動体検知機能 暗視撮影 IP66防水 防塵 ios/android/windows対応

    ③別のお勧めの機種

    アプリは、
    TAPOの様に画像が管理出来
    毎月クラウドストレージ料無料探しています、

    教えてください。

  4. まなみん の発言:

    読みました
    SV3C SV-B01W-1080P-HX了解です
    買います
    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください