QNAP NAS RAID5ボリュームへHDD追加して容量拡張する(SMR HDDでの実績)

以前、「QNAP Firmware Recovery方法 ~ 起動イメージ完全消去からの復旧 ~」で再構築したQNAPのNAS TS-653Proを利用しています。HDDはSeagate製の8TB/SMR(ST8000DM004)を利用しています。 当初、8TB×3台のRAID5で運用していたのですが、使用容量が100%となってしまったため、同型番のHDDを追加し、RAID5ボリュームの容量を14 … Read More …

ログイン不可となったQNAP NASのリセットと元のHDDのデータ復旧

QNAP TS-653 Proのログイン画面すら出なくなった為、データ保存されているHDDを取り外したのち、リセットボタンを用いて復旧しました。データも無事に復旧済みなので、その記録です。 背景 QNAP TS-653 Pro はデータ倉庫として利用していました。倉庫用のNASを常時電源ONにしておくのは勿体ない為、利用しないときは常に電源OFFにしていたのですが、その間にNWのセグメントを172 … Read More …

QNAP Firmware Recovery方法 ~ 起動イメージ完全消去からの復旧 ~

QNAPのNAS TS-653 Proのファームウェアは基板上に取り付けられたUSBディスクに入っています。そのUSBディスクにはQNAP NASのOS本体が入っています。 USBディスク上のQNAPのOSイメージを誤ってパーティションごと削除してしまった場合の復旧手順をまとめました。 本解説はTS-653 Pro(ファームウェアはTS-X53というファイル名)を例に書いていますが、intelやA … Read More …

DTCP+、VDMS対応NASをホームネットワークに追加導入するまでの検討

以前、『10万円以内で作る18TB raid-z2(ダブルパリティ)高信頼ファイルサーバ』を構築しましたが、録画データが多いこともあり、そろそろ容量が厳しくなってきました。そこで、容量追加と利便性向上(DTCP+、VDMSへの対応)を目標にNASを追加しようと考えています。この投稿は既存環境へNASを追加するにあたっての検討した結果です。 用語解説 先に進む前に最近の用語解説をしておきます。日本国 … Read More …

個人でも簡単にできるHDDの故障予防策まとめ

今までに数百台のHDDを購入、運用してきた経験から得たHDDの故障原因を極力減らすノウハウをまとめます。 HDD運用上の理想は、HDDはデータセンターでの運用中のように、埃や温度の変動の極力少ない環境下で、安定した電源とがっちりしたサーバ筐体に守られている環境です。しかし、個人ではそんなことは出来ないので、本投稿は出来る限りHDDの故障原因を排除し、自身のデータは自信で守りましょうと言う内容です。 … Read More …

RMAに出したSeagate製500GBのHDDが1TBになって戻ってきた話。

SeagateのRMAに出した『Seagate Barracuda ES.2』が『Seagate Constellation ES』となって戻ってきました。RMAにかかったのは4日間のみでした。 容量は500GB ⇒ 1000GBと倍増しましたが、RAID1(ミラーリング)やRAID5を組んでいた場合に、使用中のHDDよりも低容量のHDDを返却されてしまうと、RAIDのメンバディスクとして再利用で … Read More …

4年6ヵ月使用したSeagateのエンタープライズ向けHDD故障時のSmart値

24h365日稼働の防犯カメラ用HDDレコーダーに搭載していたSeagate Barracuda ES.2と言うエンタープライズ向けHDDが故障したため、RMA申請を出す前に調査したHDD情報を記載しておきます。 なお、このHDDは常時書き込みをしており、下手なサーバー用途よりも過酷な状況で利用されていたHDDとなります。スペック上の平均故障間隔は120万時間です。 故障したSeagate Bar … Read More …

FreeNASでMiniDLNAのファイル一覧が自動更新がされなくて困っている人へ

FreeNASのプラグインであるMiniDLNAを利用中にMP4が見つからない場合の対処方法について質問に、文章のみで回答するのが難しかった為、1つの投稿としてまとめました。 MP4が更新されない理由 MiniDLNAでは、minidlna.confのiotifyと、notify_intervalの設定値で監視対象ディレクトリ以下の映像(動画)、MP3、画像等をリストを何秒おきに更新するかを定義し … Read More …

NAS、監視カメラ用HDDのスペック比較(2014年夏version)

デスクトップ向けのHDDより2~3割高いものの、その分信頼性・MTBF・保証期間が向上し、適切なテストの後に出荷されるNASに最適なHDDをまとめたので、その表を公開します。 保証期間が3年以上あるNASに最適なHDD一覧(消費電力は1TB~4TBの表記で記載)。コンシューマ向けのHDDよりも2~3割程高い。 メーカー Western Digital 日立(HGST/hitachi) Seagat … Read More …

10万円以内で作る18TB raid-z2(ダブルパリティ)高信頼ファイルサーバ

RAIDを構成する物理HDDのうち2台まで故障してもデータが損なわれる事の無いraid-z2で採用したファイルサーバをサーバ本体を含めて10万円以内で構築したのでその備忘録です。コンセプトは下記の通りで市販品でHDD故障時のHDD保守部品が色々プレミアがついて想定される同スペックのHDDの5倍~の金額になるところをHDDの標準保証のみで済ませ、実質的に修理に出すための送料だけで済ませる事を目的とし … Read More …

大容量NASについての考察_バックアップと外出先からの利用構成

TV録画、リッピングデータ、動画や写真の保存、etc…でどんどん消費されていくHDD。家庭用の大容量HDDの運用はかれこれ10年以上になりますが、その過程で蓄積された経験をもとに大容量NASについて考察します。 まずは、家庭用NASで保存するデータについてまとめます。銀行の契約書類や、履歴書のひな形等、無くすと面倒な物から、TVの録画データ等の無くしても諦めの付くデータまで各種あると思 … Read More …

スマホをリモコンにraspberry piでFreeNAS上の動画を再生する

『FreeNAS上にあるmp4ファイルをraspberry piでTV出力し、リモコンはiphone/androidが利用可能です。』 そんな事がraspberry piで出来るんじゃないかと思い、appstoreを探したところ、『xbmcRemote』と言うズバリな物が見つかりました。更にraspberry pi登場直後に試して、動作速度が芳しくなかったので諦めた『RaspBMC』も最新版を使え … Read More …

OpenMediaVaultのインストールと設定

FreeNASから派生したOpenMediaVaultのインストールです。派生と言っても、FreeBSD系ではなく、Debianをベースにしています。今は、バージョン0.5が最新で、カーネルも2.6系列と古いですが、バージョン1.0が計画されているようです。VmwareやKVM上にインストールして、簡単にメディアサーバを構築するのにはお勧めですが、1.0が出るまでは、新しいハードウェアへのインスト … Read More …

USBbootするUbuntu-NAS② ffmpegをインストールする

前回構築したUSBBootするUbuntu上にffmpegをインストールします。 USBメモリ上で暫定作業をして何度も書き込みをするにはよろしくないので、RAMディスクである/tmp上でmakeする為、一時的に/tmpの容量を変更するので、fstabの編集と再起動と言う作業が余計に入っています。 ffmpegをインストールしておくことによって、H.264圧縮も使えるようになるので、TSからH.26 … Read More …

USBbootするUbuntu-NAS① epgrec+pt3+minidlna+kvm環境を構築する

UbuntuをUSBメモリにインストールし、pt2/pt3を使えるようにし、DLNAやsambaによるマルチメディアファイルサーバを作成しました。コンセプトは下記の通りです。 コンセプト USBbootするUbuntuServer(13.10、14.04で検証済み) apt-getによるパッケージ管理はHDD利用時と同じ使い勝手にする 未使用時にHDDの電源OFFや各種デバイスの消費電力モードを低 … Read More …

FreeNAS 9.2.0によるファイルサーバ構築(ProLiant MicroServer利用)

FreeNAS9.2がリリースされたので、HDDが5台搭載可能なHP ProLiant MicroServer N54Lを利用してファイルサーバを構築します。他のハードウェアでも手順は同じです。 今回は、2014年2月にSeagateとWesternDigitalから発売されるであろう5TBのHDDを搭載する前準備として、売り切れないうちに確保したHP ProLiant MicroServer N … Read More …

SEAGATE ST3000DM001が壊れたのでSeatoolsをLinux上で実行してRMA申請する

SeagateのST3000DM001が壊れたためRMAに出した記録。 2014/1/16(木) RMA 申請 2014/1/18(土) RMA 送付 2014/1/20(月) RMA 受付メール到着 2014/1/23(木) 交換HDD到着(下の方に画像を追記しました。) RMAする前にSeatoolsで本当にHDDが壊れている事を確認します。Windows上で実施しても良かったのですが、Win … Read More …

Travelstar 7K1000故障時のsmart値

消費電力の低い2.5inch HDDであるTravelstar 7K1000を購入し、2か月強使用したのですが、故障したためそのsmart値を載せておきます。2台購入して、RAID1で利用していた片方が死んだ形になるので、もう一台も近日中に死ぬような事があればこのHDDは半年以内に2/2の確率で死んだことになってしまうので、そうならない事を祈っています。 HGSTのサポセンに送り返すことになるので … Read More …

NAS4Free 9.1.x.x によるファイルサーバ構築+DLNA+ZFS

nas4freeはfreenas7系から派生した簡単な設定で高機能なNASが作成できる勧めのNASソリューションです。nas4freeをUSBメモリBOOTにしてファイルサーバを構築することにより、ZFSによるraid-z(raid5)や、raid-z2(raid6)で保護された安価なNASが完成します。もちろん、DLNAやitunesにも対応しています。 この記事では、nas4freeをUSBメ … Read More …

FreeNAS 9.2.1.5 によるメディアファイルサーバ構築(PT3連携)

FreeNAS9.2.1.5を使ってZFSでraid-zを組んでデータを安全に格納し、更にDLNAサーバをFreeNAS上にインストールしたファイルサーバを構築します。最終目標は、DLNA対応のTVや、PS3からファイルサーバに保存した動画を見る事です。なお、DLNAクライアントとFreeNASファイルサーバ間での動画のフォーマットは、mp4(H.264)、TSファイルの再生を確認済みです。 改定 … Read More …