IIJMIOファミリープラン⇒ギガプランへ変更して4回線で月額3,432円(税込)まで下がりました


IIJmioは格安SIMが出てすぐに申し込み・利用していました。契約は、ファミリーシェアプランで5回線(音声4、データ1)を利用していました。

5回線分で月の支払総額は8,000円程度まで節約していましたが、更に安価なギガプランが登場した為、乗り換えの手続きを実施しました。

乗り換え前に、車載アレクサ用(モバイルルータと第2世代アレクサをUSBに挿していた)に利用していたデータ1回線分のSIMカードは社内でアレクサをろくに使わないので削除しました。

IIJmioのギガプランへの変更手続き備忘

会員ログインページからログインして、以下ページで、ギガプランへのプラン変更が無料をクリック

ギガプランに変更するプランを選択

※黄色のワーニングが出ていますが、解約解除するSIMがある場合には、先に黄色枠内の「SIMカードの削除」より、削除しておくようにとの事です。私も1回線分削除しました。

ギガプランに変更するSIMカードを全て選択します。保持しているSIMカード分、以下の選択が出ます。

「つながる端末保証」は、故障時の端末保証です。私は「壊れたら買いなおせばいい。そもそも壊れないように気を付けているので、壊したことが無い。目的は通信費削減なので、月550円も追加もかける必要はない。」と即決するタイプなので、申し込んでいません。

重要説明事項を読んで必要事項にチェックを入れて「お申し込み」。4回線で月額3,432円(税込)って、破格ですね。後日、ギガプラン同士で余った通信料を分け合えるようになるとの事なので、8G/月あると考えて、全て2ギガのプランにしました。

お申し込み完了画面

格安SIMのIIJmioを9年近く使った感想

9年間で、IIJmioのお陰で8万円×9年×4人=288万円、スマホ料金が節約できました。ありがとうございます!!」それ以上、言うことはありませんが、ここ9年を通しての感想は以下の通りです。

  • スマホ1台あたりの年間維持費が10万円⇒2万円以下に削減できる(以前のプランの場合。今回は1万前後に削減される)
  • 速度はまぁまぁ。混雑時時間帯でも困りはしない
  • DocomoやAUの回線を借りているため、安定性は3台キャリア同様。だが速度は劣る。
  • 電話品質も問題ない
  • 株取引もやっているが、回線のせいで困ったことは無い
  • AmazonPrime等の動画は高速ローミングしてくれるので普通に見れる
  • 電話が通じなくなったり通信が出来なくなって困ったことは無い
  • メールはGmail、コミュニケーションはLINEにすればキャリアメールアドレスなんていらなかった

最後に

「お金が無くて困っています」という人も何故かdocomoやAU、softbankのかなりお高いプランを使っていたりするのをお見掛けします。お金が無いと言うので格安SIMをお勧めしても「怖い」や、「メアドを変更したくない」等の言い訳を聞く時があります。

仮に現在30歳だったとして、今後50年生きて、その間ずっとスマホを利用した場合、単純計算で420万円の差額が出ます。(50年間、物価が変わらず、プランもそのままの前提なので、実際にはこの試算は間違っています。しかし、過去10年ぐらい、スマホの維持費は格安SIMを除くとあまり変化が無いと感じています)

ブランド月額(電話代等を含めた想定)50年間の費用
3台キャリアのお高いプラン8,000円/月480万円
格安SIM1,000円/月60万円

上記、結構丁寧に説明して、場合によってはビックカメラのカウンターまで一緒に付き添って契約変更をサポートしたこともありますが、何時も最終的に言われるのは「格安SIMに変えても問題なかった。月5千円以上浮いた。ありがとう」でした。

スマホ代金が高いと思っている方は是非。

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください