OpenWRTでDHCPv6関係のエラーメッセージの対処をする

OpenWRTの設定をしている際に以下のログメッセージが数秒に一回表示されるようになりました。

※ログはステータス>カーネルログより確認できますが、都度リロードするのが面倒なので、私は「OpenWRTでUbuntu20.04サーバへSyslog転送する」で設定した通り、UbuntuサーバにSyslog転送して確認しています。

OpenWrt odhcpd[1754]: A default route is present but there is no public prefix on lan thus we don't announce a default route!
OpenWrt odhcpd[1754]: Failed to send to ff02::1%lan@br-lan (Operation not permitted)

理由は、該当通信をファイアウォール設定でブロックしていたからなのですが、そもそもIPv6を使っていない環境の場合には、DHCPでIPv6を配る必要が無いこともあります。その際は、該当インターフェースを編集して、IPv6のDHCP設定を無効化することで対処可能です。

該当インターフェースの編集画面から、下記のようにRA-Service、DHCPv6-サービス、NDPプロキシを無効にして保存します。

最後に、保存&適用してください。

上記対策後、該当のログが出なくなったことを確認して終了です。

タグ , . ブックマークする パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください