Ubuntu20.04へKVM管理ソフトウェアKimchiをインストール


kvm管理ソフトウェアにKumuchiというソフトウェアがある事を知りました。早速、Ubuntu20.04へインストールしてみます。

19.04までしか対応したインストール解説が無かったため、トライアンドエラーで動かしましたので、違っている箇所があればご教示ください。

前提条件

  • Ubuntu Server 20.04
  • Apache2.4
  • KVM
  • Kimchi

インストール方法

# パッケージの最新化と再起動
sudo apt update; sudo apt upgrade; sudo reboot

# 必要なパッケージをまとめて導入。Apacheは入っている前提です。
sudo apt install -y python3-configobj python3-lxml python3-magic python3-paramiko python3-ldap spice-html5 novnc qemu-kvm python3-libvirt python3-parted python3-guestfs python3-pil python3-cherrypy3 libvirt0 libvirt-daemon-system libvirt-clients nfs-common sosreport open-iscsi libguestfs-tools libnl-route-3-dev python3-cheetah

# KVMが使えることを確認。
kvm-ok

# cherrypy3がapt版だと動かないので、削除してpip3でインストール
sudo apt-get remove python3-cherrypy3
sudo pip3 install cherrypy
sudo pip3 install ethtool

# wokをdebファイルを作成してインストール
cd /tmp
wget https://github.com/kimchi-project/wok/archive/3.0.0.tar.gz
tar -zxvf 3.0.0.tar.gz
cd wok-3.0.0

sudo ./autogen.sh --system
make ; make deb
sudo apt install ./wok-3.0.0-0.ubuntu.noarch.deb

# kimchiのインストール
cd /tmp
git clone https://github.com/kimchi-project/kimchi kimchi
cd kimchi
sudo ./autogen.sh --system
make; make deb
sudo apt install ./kimchi-3.0.0-6.git5e064518.noarch.deb

sudo -H pip3 install /tmp/kimchi/requirements-UBUNTU.txt


# kimchiをapacheで使うために以下設定。
# 特に__puycache__は無いとエラーになる。
sudo touch  /etc/wok/plugins.d/__pycache__.conf
sudo a2enmod ssl
sudo a2enmod rewrite

# wokdの再起動(startで良いんですが、面倒なので)
sudo systemctl restart wokd.service ; sudo systemctl status wokd.service

# Apacheの設定を入れる
cat <<- __EOF__ | sudo tee -a /etc/apache2/sites-available/kimchi.conf
Listen 8001
Listen 8000

<VirtualHost *:8001>
	ErrorLog /var/log/apache2/error_log
	TransferLog /var/log/apache2/access_log

	Timeout 600
	LimitRequestBody 4294967296

	SSLEngine on
	SSLCertificateFile /etc/wok/wok-cert.pem
	SSLCertificateKeyFile /etc/wok/wok-key.pem
	SSLOpenSSLConfCmd DHParameters	/etc/wok/dhparams.pem
	SSLSessionCacheTimeout 600

	RewriteEngine On
	RewriteCond %{HTTP:Upgrade} =websocket [NC]
	RewriteRule /(.*)           ws://localhost:64667/$1 [P,L]

	ProxyPass /websockify http://127.0.0.1:64667/websockify
	ProxyPassReverse /websockify http://127.0.0.1:64667/websockify

	ProxyPass / http://127.0.0.1:8010/
	ProxyPassReverse / http://127.0.0.1:8010/
</VirtualHost>

<VirtualHost *:8000>
	ErrorLog /var/log/apache2/error_log
	TransferLog /var/log/apache2/access_log

	RewriteEngine On
	RewriteRule ^/(.*)$           https://%{SERVER_NAME}:8001/$1 [R]
</VirtualHost>
__EOF__

# kimchiを有効にする
cd /etc/apache2/sites-enable/
sudo ln -s ../sites-available/kimchi.conf  kimchi.conf

# apacheを再起動する
sudo systemctl restart apache2.service ;  sudo systemctl status apache2.service

# ログ確認しながら画面確認する
sudo tail -f /var/log/wok/wok-*.log

WEB画面からの設定

上記まででとりあえずインストール完了です。あとは、適当にhttps://対象サーバのIP:8001にアクセスしてログイン、設定してください。ログインユーザーはUbuntu上で、先ほどまでsudoコマンドを利用して作業していたユーザーです。(pamモジュールを使っているようで、OSのユーザーを利用しているようです)

プラグインを有効にしないと、kimchiの操作が出来ないので、プラグインを有効にしておきます。

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください