Ubuntu20.04 Serverのインストール


Ubuntu20.04 Serverがリリースされたために、変更点を確認したうえでインストールします。

最初に

Ubuntu20.04のサポートは2025年5月まで、5年間に及びます。ハードウェア等のEOSも5年周期が多いので、新規導入するには最適なサーバOSですね。

サーバ視点でのUbuntu20.04での変更点

リリースノートから気になった変更点は以下の通りで、特に昔からあるPHP等で書かれたソフトウェアを利用する際には設定面での工夫が必要そうです。

また、個人的にうれしいのはカーネル自身の消費電力の大幅な改善です。

  • Linuxカーネル5.4系の採用(USB3.2サポート、消費電力の改善、新しいCPUのサポート等)
  • ZFS 0.8.3
  • Python3.8
  • QEMU 4.2
  • libvirt 6.0
  • php7.4
  • ruby 2.7
  • FIDO/U2Fデバイスによる2要素認証に対応したOpenSSH8.2
  • Apache2.4.x
  • Samba 4.11
  • PostgreSQL 12
  • Squid 4.x
  • OpenStack Ussuri
  • Raspbery Pi4サポート

Ubuntu20.04 Serverのインストール

殆どデフォルトインストールしており、あえて有効化しているのはOpenSSHのみです。あとはOSの初期設定が完了してから追加インストールすればいいかと。

言語を選択。サーバ用途なのでEnglish。
キーボードレイアウトは必要に応じて変更してください。私はHHKBの英語版(無刻印)なので英語を選択しています。
IPの設定が必要なら適宜設定してください。検証用の場合はDHCPでの自動設定で良いと思います。
プロキシを導入している場合には入力。特になければ何も入力せず、次へ。
ミラーアドレス。デフォルトのままでいいと思います。
インストール先の選択。カスタムレイアウトを選択したい場合には、適宜設定します。
パーティションの設定。問題なければ次へ。
HDDをフォーマットしてUbuntu20.04をインストールしますよとのことなので次へ。
デフォルトのユーザーやホスト名等を設定。
OpenSSHサーバをインストールするを選択して次へ。
必要に応じて追加パッケージもインストールしてください。
インストールが動いているので、この画面のまま待ちます。
インストールが完了したら、リブートを選択。
リブート後、エンターキーを押すとログイン画面になるので、インストール中に指定したユーザーでログインします。

インストール後の初期設定

お決まりのパッケージのアップデートをしておきます。

sudo apt update ; sudo apt upgrade

最後に

とりあえず、Ubuntu 20.04 Serverのインストールを実施しました。うちは物理サーバ上に各種サーバを構築・運用しているため、再インストールは面倒です。ですので、vmware上で古いUbuntuを入れたのち、アップグレード評価を実施。その後、物理サーバのOSアップグレードを実施するつもりです。

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください